MENU
テツオ
13年目のプロ製缶工
大手企業の鉄工部門で13年勤続中|様々な現場を見てきたプロが業界のリアルな情報を発信します|副業収入で月5万の収益を得た方法も発信|気になることがあれば些細なことでも気軽に問い合わせてください!
ランキング参加中!クリックで是非応援を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
異業種への転職に特化してます詳細を読む

溶接は目が焼ける!目を焼いた時の応急処置方法は?溶接焼けの対策も

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事内に広告を含む場合があります

当サイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。2023年10月1日から始まる消費者庁「ステマ規制」にあわせ、読者の誤認とならないようにコンテンツ制作を心掛けていますので、ご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせより該当の箇所と併せてご一報頂けますと幸いです。

溶接で発生する光は非常に強力で、しっかり対策をしないと目を焼いてしまいます。

この記事では、溶接時に目が焼ける理由から始め、その予防方法や応急処置について詳しく解説しています。

溶接の光が目に及ぼす影響を正確に理解し、適切な保護措置を講じることで、これらのリスクを効果的に軽減することが可能です。

目次

溶接で目が焼ける理由と症状

溶接で目が焼ける原因

溶接の際に発生するアーク光には、目に悪い影響を与えます。

  • 溶接の光は目に見えない光と可視光で構成されている
  • 紫外線で電気性眼炎を引き起こす
  • 可視光で青光障害を引き起こす

上記3点について解説します!

①溶接の光は目に見えない光と可視光で構成されている

溶接の光、通称アーク光は、目に見える可視光と見えない紫外線、赤外線で構成されています

テツオ

紫外線は日焼けの原因となる光であり、赤外線は熱を持つ光です。

この複合的な光の性質が、直接目に入ることで目の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

②紫外線で電気性眼炎を引き起こす

紫外線は皮膚だけでなく、目にも害を及ぼします。

溶接作業中に紫外線が目に入ることで、電気性眼炎、通称「目玉焼き」とも呼ばれる状態になることがあります。

この状態は通常、目の中がゴロゴロする、目が痛い、涙が止まらないなどの症状を伴います。

テツオ

目を開けてられないくらい辛いです。日常生活に支障がでます…。

③可視光で青光障害を引き起こす

また、可視光を裸眼で直接見てしまうと目がくらみますが、長時間見続けた場合は目の奥が痛んだり、視力が低下するなどの影響を与えます。

テツオ

眩しすぎて長時間見れと言われても難しいですが、注意しないといけませんね。

目の溶接焼けはすぐに症状が出ない

溶接で目が焼けてもすぐに症状はでない

溶接による目の障害は、直ちに症状が現れるとは限りません。多くの場合、症状が出るまでに時間差があります。

翌朝目を覚ますと目がおかしい。というパターンが多いです。

これは、目が紫外線や赤外線のような有害な光にさらされた後に体が反応し始めるからです。

このような遅延性の症状のために、溶接作業中や作業直後に目に違和感がなかったとしても、安全対策を怠るべきではありません。

溶接の光がいつもより多く目に入ったと心当たりがあれば、様子を見つつ異常を感じた場合はすぐに眼科を受診しましょう。

溶接で目を焼かないための対策

溶接で目を焼かないための対策

溶接中は以下の3点でアーク光から目を守りましょう。

  • 溶接遮光面を使用する
  • UVカットの保護メガネを着用する
  • 他の人の溶接を見ない

上記を守れば基本的に目を焼くことはありません。

①溶接遮光面を使用する

溶接遮光面の使用は、アーク光から目を保護するための最も基本的な手段です。

遮光面は、有害なアーク光から目を守るために設計されています。

正しく装着しないと隙間から光が入るなど効果を発揮できないため注意してください。

>>遮光面をアマゾンで探す

②UVカットの保護メガネを着用する

UVカット機能を持つ保護メガネの着用も効果的です。

直接光を見るのは危険ですが、周囲で行っている溶接の光からは紫外線を遮断し、十分に目を守ってくれます。

③他の人の溶接を見ない

他の人が溶接をしているときは、その光を直接見ないようにしましょう。

溶接中の様子を伺う時は手をかざして光を防ぎましょう。

ちなみに鉄工所で働いているとこの手をかざすという行動を反射で行えるようになります(笑)

溶接目が焼けた時の応急処置

溶接で目を焼いた時の応急処置

溶接作業中に目が焼けてしまった場合、迅速な対応が目の健康を守る鍵となります。

以下に目が焼けた際の基本的な応急処置手順を紹介します。

①目を冷やす

目が焼けた場合、最初に行うべきことは目を冷やす処置です。

テツオ

要するに目のヤケドなので冷やすことが大事です!

清潔な布かガーゼに冷水を含ませ、目の上に軽く置くと良いでしょう。

この処置は、痛みや腫れを和らげる効果があります。ただし、氷などの過度に冷たいものは避け、冷水を使用してください。

②目薬を使用する

市販の目薬を使うことも、目の不快感を緩和する手段の一つです。

感染のリスクを避けるため、清潔な手で目薬を点眼しましょう。

ただし、目薬はあくまで一時的な処置であり、症状が続く場合は自己判断せずに医師の診断を受けてください。

https://twitter.com/tatsu_nyan/status/1367837563478667264

③眼科を受診する

症状が重い、または数時間経っても改善しない場合は、なるべく早く眼科を受診することが推奨されます

適切な治療を行うには専門医の診断と治療が不可欠です。

目薬を買いに行ってる時間があるのなら病院へ行きましょう!

溶接で目を焼くシチュエーション

溶接で目を焼くときのシチュエーション

溶接で目を焼くときのパターンとしては以下の3つが多いでしょう。

  • 溶接の光を長時間直接見る
  • 遮光面の隙間から光が入る
  • 一緒に溶接をしていてもらい焼けする

これらのシチュエーションを理解し、適切に予防することが大切です。

①溶接の光を長時間直接見る

溶接の光を長時間直接見れば、当然目を焼きます。直接見るというのは光に焦点を合わせるのではなく、光に近い部分を見続けた場合でも目は焼けます。

テツオ

数分も見続ければアウトです。

作業の関係上、アーク光の近くを見なければならないときは、保護メガネを必ずかけてください。

②遮光面の隙間から光が入る

遮光面を着用して溶接していても、隙間からアーク光が目に入る可能性があります

テツオ

狭い場所での溶接や、遮光ガラスが正しく装着されていない場合に発生します。

溶接の光は隙間から面の中に入り込み、乱反射して目を焼くので注意しましょう。

③一緒に溶接をしていてもらい焼けする

他の人と一緒に溶接を行っている際に、間接的に光が目に入りもらい焼けをすることがあります

テツオ

理屈は上記と同じで、面の隙間に光が入ってしまうからです。

他の人と近い距離で溶接する場合、ついたてや遮光幕でお互いの光を防ぐようにしましょう。

溶接の光は皮膚へも悪影響を及ぼす

溶接の光で焼けた皮膚
溶接の光で焼けた皮膚(出典:ぱらふぁむキャンプ

溶接作業中に発生するアーク光は、皮膚にも様々な悪影響を与えます。具体的には次の3つです。

①皮膚の老化

長期にわたるアーク光の露出は、皮膚の老化を加速させます

紫外線は皮膚のコラーゲンやエラスチンの破壊を促進し、しわやたるみの原因となります。

また、肌の乾燥や粗さの増加など、老化の兆候が早期に現れる可能性があります。

テツオ

これは治らないので後悔しますよ…。

②皮膚炎

アーク光による急性の皮膚反応として、皮膚炎が発生することがあります

この状態は日焼けに似ており、赤み、かゆみ、水ぶくれなどが現れることがあります。

テツオ

重度の場合、皮膚の炎症や腫れが数日間続くこともあります。

適切な保護措置をとらない場合、これらの症状は繰り返し発生する可能性があります。

特に手首が焼けやすいです。溶接中は袖口から光が入らないようにしましょう!

③皮膚がん

長期間の紫外線露出は皮膚がんのリスクを高めるとされています。

特に、皮膚が頻繁にアーク光にさらされる環境では、皮膚がんの発生確率が増加する可能性があります。

溶接作業を行う際には、できるだけ皮膚を露出させないことが大切です。

溶接には日焼け止めが有効

溶接には日焼け止めが有効

溶接作業における皮膚への影響を軽減するためには、日焼け止めの使用が効果的です。

日焼け止めは紫外線から皮膚を守る役割を果たします。適切な日焼け止めを使用することで、皮膚がんや皮膚の老化、皮膚炎などのリスクを軽減することができます。

テツオ

高いSPF値を持つ日焼け止めを選び、特に顔や腕などアーク光を浴びやすい箇所にしっかり塗りましょう。

まとめ:溶接の光は人体に悪影響だが対策すれば怖くない

項目要点
溶接で目が焼ける理由と症状目に見えない光と可視光で構成されるアーク光が主な原因
目の溶接焼けはすぐに症状が出ない症状の発現には時間差がある
溶接で目を焼くシチュエーション直接見る、遮光面の隙間、もらい焼けが原因
溶接で目を焼かないための対策遮光面の使用、UVカットの保護メガネ、他の人の溶接を見ない
溶接目が焼けた時の応急処置目を冷やす、目薬を使用する、眼科を受診する
溶接の光は皮膚へも悪影響を及ぼす皮膚の老化、皮膚炎、皮膚がんのリスク
溶接には日焼け止めが有効紫外線から皮膚を保護するために有効

溶接作業は目と皮膚に様々なリスクをもたらしますが、適切な対策を講じることでこれらのリスクを大きく減らすことが可能です。

特に、溶接の光に含まれる紫外線や赤外線は、目の健康だけでなく皮膚にも影響を与えるため、保護メガネや遮光面の使用、日焼け止めの塗布など、積極的な保護措置が推奨されます。

また、溶接による目の障害は即時に症状が現れないことが多いため、作業後も目の状態に注意を払い、異常を感じたら迅速に専門医を受診することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次