MENU
テツオ
13年目のプロ製缶工
大手企業の鉄工部門で13年勤続中|様々な現場を見てきたプロが業界のリアルな情報を発信します|副業収入で月5万の収益を得た方法も発信|気になることがあれば些細なことでも気軽に問い合わせてください!
ランキング参加中!クリックで是非応援を!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
異業種への転職に特化してます詳細を読む

ウェブライターの始め方|月1万円なら誰でも稼げます【文章力が身につく副業】

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事内に広告を含む場合があります

当サイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。2023年10月1日から始まる消費者庁「ステマ規制」にあわせ、読者の誤認とならないようにコンテンツ制作を心掛けていますので、ご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせより該当の箇所と併せてご一報頂けますと幸いです。

ウェブライターは安いパソコン1台で始められて、文章力も身につくので、おすすめの副業です。

身に付いたスキルは社会で活かせる場面が多いです。

本記事では、ウェブライターの始め方から月に1万円を稼ぐまでの手順を解説します。

ぶっちゃけ、月に1万円なら誰でも狙えます。必要なことは”ウェブライターを始める”という行動だけです。

目次

ウェブライターとは

ウェブライターとは、インターネット上で記事やコンテンツを書く職業です。

SEOライティング、コピーライティング、企業サイトのコラムなど、仕事内容は幅広いですが、どれも文章で魅力を伝える仕事という点では同じです。

そのため、自ずと文章力が身につく魅力的な仕事と言えるでしょう。

テツオ

文章力は最強の武器になりますからね〜。

働き方としては、オンラインでの活動が主で、自宅でもカフェでも仕事ができる自由さも魅力のひとつですよ。

フリーランスとして、ライター活動のみで生活している人も多いです!

報酬の仕組み

ウェブライターの報酬は、記事単価や文字単価で計算されます。

多くの場合、文字単価が基準となっており、書いた文字数に応じて報酬が決まります。

テツオ

プロレベルになると、文字単価が何十円と夢みたいに跳ね上がります…!

月1万円の稼ぎ方

ウェブライターで月1万円を稼ぐために必要なことは、“ウェブライターを始める”という行動だけです。

行動に移せば誰にでも可能です。

例えば、文字単価1円で3000文字の記事を執筆すれば3000円の報酬が発生します。

1万円を稼ぐなら、これを4回繰り返せば達成です。

しかし、多くの方がライティングの始め方がわからず躊躇してしまいます。

始め方を知り、行動さえすれば、月1万円を稼ぐのは難しくありません。

また、慣れてくると執筆スピードも上がりますし、単価だって上がります。

努力次第で収入はさらに伸び、月3〜5万円稼ぐことも夢ではありません。

テツオ

副業でそれだけ稼げれば、生活はかなり豊かになりますよね。

ウェブライターの始め方

ウェブライターを始める流れは、上図のようなステップとなります。

この通りにいけば、スムーズにスタートできますよ。

ちなみに、STEP2とSTEP5については必須というわけではありません。

ぶっちゃけこの2つは時間と手間がかかります。

ただ、やったほうが良いのは確かです。

めんどくさい。よくわからない。だからやっぱ辞めた。

と、なるくらいならスキップし、ライターを始めてみてほしいです。

後からでもできますからね。

それでは、それぞれのステップについて解説していきますね。

STEP1:パソコンを準備する

ウェブライターはスマホでもできますが、パソコンの方が圧倒的に効率が良いです。

なので、まずはパソコンを用意しましょう。

インターネットが使えれば問題ないので、高価なものでなくても大丈夫です。(ここ重要)

僕のおすすめはchromebook(クロームブック)です。

持ち運びができて、基本的な作業には十分ですよ。

キーボードと画面を切り離し、タブレットのようにも使えます。

クロームブックなら2〜3万円で買えるので、ライターを継続すればすぐに元が取れます。

僕が使っているのはLenovoです。

ちなみに、子供用の動画視聴やゲーム用としても重宝しています。

STEP2:ライティングの基礎学習

ライターを始めるなら、ライティングの基礎を学んでおいた方が仕事も受けやすいし、成果も上げやすいです。

必須ではありませんが重要です。重要な理由は…まあわかりますよね。

何事も基礎が大事だからです。それに加え、今回の場合は基本的な記事の書き方を予習しておけるから。

初歩から学べる「新しい文章力の教室」という本がおすすめです。

読書が苦手なら、YouTubeでも学べます。無料記事で学びたいなら、インターネットで検索すれば情報がいくらでも出てきます。「ライター 基礎」などと検索してみましょう。

ただ、無料のコンテンツは体系的に学べません。散りばめられた情報を集めるため、理解するのに時間がかかるはずです。

それならUdemyのライター講座を購入した方がしっかり理解しながら学べます。おすすめの講座のリンクを貼っておきますね。

>>Udemyで人気のライター講座

Udemyで講座を購入するなら必ずセール中にしましょう。最大95%オフになるので、上記リンクの講座も1,200円で購入できます。

Udemyってなに?という方は以下の記事も読んでみてくださいね。

STEP3:クラウドソーシングサイトへの登録

ライターの仕事を見つける方法には、「SNS」と「クラウドソーシング」という二つの主な方法があります。SNSだと、たとえばX(旧Twitter)というサイトで「ライター募集」で検索すると、いろいろな人がライターを募集しています。

ですが、初心者には「クラウドソーシング」の利用がおすすめです。

クラウドソーシングは、インターネット上の特別な場所で、仕事をしたい人と、仕事を頼みたい人をつなげてくれるサービスです。ライティングの仕事もたくさん出てきます。

クラウドソーシングのいいところは、もしものときに運営の人が助けてくれたり、トラブルを防いでくれたりすることです。

初心者でも安心して利用できますよ。

ただ、報酬の一部(サービスによるが大体20%)は、サービスを運営している会社に支払う必要があります。これが唯一のデメリットですね。

クラウドソーシングを使うなら、クラウドワークスというサイトがおすすめです。

業界最大規模のクラウドソーシングサービスで、ライティング案件も無数にあります。

>>クラウドワークスに登録する(無料)

トップページから簡単に登録可能です。

次からは、クラウドワークスに登録した前提で話を進めていきますね。

STEP4:プロフィールの充実

クラウドソーシングサイトに登録後、プロフィールをしっかりと入力しましょう。

依頼主は、信頼できる人に仕事を頼みたいと思っています。プロフィールが空白の人はなんだか信頼できませんよね。

プロフィールには、必ずしも大きな実績を書く必要はありません。大事なのは、自分はこんな人間です。とアピールすることです。

たとえば、あなたの経験や得意なこと、連絡ができる時間帯などを書けると良いですね。

また、アイコンの設定も意外と重要です。アイコンで良い印象を与えられれば仕事を受注できる可能性が上がりますし、継続的な受注にも繋がりやすくなります。

SNSでもアイコンでその人の印象が決まったりしますよね。

以下に、僕のプロフィールを記載しておきます。よければコピペして使うなり、お好みに編集して使ってください。

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
ライターの〇〇と申します。
以下に経歴や得意分野などを記載しておりますので、ご覧ください。

【経歴】
・◯◯学校◯◯専攻 卒業
・2019年から現在まで、副業でブログを運営しており、活躍の場を広げるべくライターとしても活動し始めました。

【過去の執筆実績ジャンル】
・自ブログ運営:(URL)
・SNSマーケティング
・SNS知識
・地域

【可能な業務】
・ブログ記事の執筆
・Webコンテンツ作成
・リライト
などを得意としており、自ブログの運営をもとにSEOライティングも可能です。入念なリサーチと正確な情報をまとめた記事を執筆することができます。
硬い文面から砕けた文面まで、クライアント様のニーズに合わせて幅広く対応可能です。
主にGoogle documentで執筆を行っております。

【強み】
誤字脱字の入念な確認、納期厳守、報連相の徹底など、凡事徹底を確実に行うことができます。これにより、お客様に不安を与えることはございません。

【得意分野】
・転職
・美容(メンズ)
・子育て
・暮らし
・自動車
また、得意分野以外のライティングもお引き受け可能ですので、お気軽にご相談ください。

【稼働時間】
平日は2〜4時間、休日は2〜6時間で在宅ワークをお受けしております。

【ポートフォリオサイト】
https://〇〇.com

【SNS】
・X(旧Twitter):https://twitter.com/〇〇
・ブログ:https://〇〇.com
ご連絡いただければ、すぐに対応できる態勢を整えておりますので、どうぞよろしくお願いします。

STEP5:ポートフォリオの準備

ポートフォリオとは、自分のこれまでの仕事や作品を見せて実績をアピールするための作品集のようなものです。

ライターの場合、過去に書いた記事を一つのページにまとめて見せます。

プロフィールや、今までどんな仕事をしたか、どんな活動をしてきたかも入れる人が多いです。

ポートフォリオは必ず必要というわけではありません。ポートフォリオなしでライターを始めた人もたくさん知っています。

ただ、仕事をもらうためには、ポートフォリオがあるととても役立ちます。

まだ実績がない場合は、自分でブログを作り、そのURLを載せるだけでも大丈夫です。

テツオ

自分のブログを作って、ポートフォリオにする人は多いですよ。

ブログの始め方はこちらで解説しています。

ブログを新しく作るのが面倒なら、noteやGoogleドキュメントで記事を書いてみるのもいいでしょう。

自己紹介や趣味、将来の目標、好きな商品のレビューなど、何を書いても大丈夫です。最初は完璧でなくても、あとからいくらでも修正できます。

ちなみに、ライターの仕事で書いた記事をポートフォリオに載せたいときは、その仕事をくれた人の許可が必要です。必ず事前に確認しましょう。

STEP6:仕事を探す

ここまで来たら実際に仕事を探します。

①:トップページ上部にある「仕事を探す」をクリック。

②:左側のカテゴリ一覧から「ライティング・記事作成」→「記事・Webコンテンツ作成」の順でクリック

③:記事作成案件が出てきます。

基本的にはこの中から仕事を選び、応募する形となります。

とはいえ、案件の数が多すぎてどれに応募すればいいか迷います。

そこで、最低限以下の条件で絞って検索してみてください。

  • 未経験可
  • 本人確認済みのクライアント
  • 文字単価1円以上

これで絞ればかなり選択肢が狭まります。一番上に良さげな案件が出てきました。

左側の「絞り込み」から、自分好みの条件に絞り込めるので、いろいろ試してみてください。

テツオ

執筆ジャンルも絞れますよ。

また、悪質な仕事を見分けることも大事です。以下にあてはまる依頼主は要注意ですよ。

  • 依頼主の評価が悪い
  • 報酬が高すぎたり低すぎる
  • 無料でテストライティングをさせてくる

STEP7:提案文を送って応募する

クラウドソーシングで仕事に応募するとき、提案文という文章を送ります。

「私にこの仕事をさせてください!」と伝えるためのものです。

提案文では、自分がこれまでにやってきた仕事や得意なことを書いて、依頼主に「この人に仕事を任せたい」と思ってもらうことが大事です。

しかし、ただ自分の実績やスキルを書くだけでは、仕事をもらうのは難しいです。なぜかというと、応募する人みんなが同じようなことをしているからです。

つまり、まだ経験が少ない初心者の場合、アピールできることがさらに少ないので、とにかく仕事を受けるのが大変です。

提案文には、実績やスキルだけ並べるのではなく、他の応募者と違う特別な点を見せることが大事です。

具体的なポイントはいくつかあります。

1.依頼内容に合わせた提案をすること

依頼された内容に合った提案を心がけましょう。依頼主の求める事項に正確に答えることは当たり前です。
例えば、美容系の案件なら「自分はこういう経験から美容の知識があります」など。

2.質問への丁寧な回答をすること

依頼主の質問には、きちんと答えるようにしましょう。これだけでも他の応募者と差を付けれることもあるので重要。

3.誤字脱字がないかチェックすること

提案文に誤字脱字がないか確認しましょう。1日後など、時間を空けて読み返すと違和感に気づきやすいです。

4.納期を守ること

納期厳守は非常に重要です。提案文には、納期を守るという姿勢を明確に示しましょう。
たとえば、「納期は絶対に守ります。余裕をもって、期限の1日前には提出するよう心がけています」という表現が良いでしょう。

5.未経験や初心者というワードを使わないこと

「未経験ですが頑張ります」や「初心者ですが全力を尽くします」など、自信の無さからハードルを下げる発言はNG。
そんなことを言われても、依頼主にとってなにもメリットはありません。

以下は僕が実際に受注できた提案文です。質問への回答も当時のものを残しておきますね。回答の仕方など、参考にしてください。

コピーして使ってね

はじめまして。Webライターとして執筆活動をしております、ライター名〇〇と申します。

【依頼内容への回答】
・経験したジャンル→アウトドア、SNS、地域、SNSマーケティング
・得意なジャンル→アウトドア

■必須条件への回答
・SEOライティングの経験がある方→個人ブログ運営で経験しております。
・wordpressの使用経験がある方→個人ブログをWordPressで運営しております。
・画像選定、文字装飾などの対応ができる方→フリー素材からの選定やCANVAでの図解作成が可能です。

■希望条件への回答
・毎日3時間以上の稼働が可能な方→平日1~2時間、土日祝は2~5時間作業可能です。
・SEOアフィリエイトの経験がある方→個人ブログ運営を経て、経験があります。
・html.cssの知識がある方→少々あります。必要に応じて習得していきます。

■質問回答
・過去に作成されたSEO記事の実績をご提示ください。→個人ブログ内の最新記事です。投稿1か月で現在3位となっています。https://〇〇
・週に稼働可能な時間を教えてください(例:週20時間)→最低でも週14時間は稼働できます。本業や家庭の事情により左右される可能性があります。
・対応可能なジャンルを教えてください→得意ジャンルは〇〇ですが、リサーチをすれば基本的にどのジャンルも対応可能です。

【スキル】
・WordPressで個人ブログを運営しており、構成作成・ライティング・入稿・装飾可能です。
・画像選定(フリー素材使用・CANVAで図解制作可能です)・個人ブログで検索順位1位をいくつも獲得した実績があり、SEOライティングも可能です。

【自己紹介】
本業でものづくりをしています。ミリ単位の精度を求めなければいけない世界に十数年携わった経験から、記事執筆時もそれくらい丁寧な執筆を心がけています。また、日頃から納期を意識した工程管理を行っており、

・納期遵守・品質確保(記事の質や誤字脱字等のミスを無くす)
・報連相(確認事項や小さな報告事項を漏れなく報告・確認)

を徹底して行うことができます。

また、副業で個人ブログを約3年半運営しております。検索順位1位獲得記事もたくさんあり、ブログ運営を通じてSEOライティングも身についていると実感しています。
サイトURL:https://〇〇

初心者の段階でなかなか仕事が取れないのは当たり前

クラウドソーシングで仕事を受注することは、最初はなかなか難しいことが多いです。

特に初心者の場合、50件の応募をしても1件しか受注できないかもしれないという低い確率を覚悟しておく必要があります。

最初は20件や30件くらいの仕事にどんどん応募してみるのが良いでしょう。

テツオ

もし、たくさん応募して複数通った場合でも、依頼主に事情を説明して断ったり、納期を調整してもらうなどの対応をすれば大丈夫です。

最初のうちはなかなか仕事が取れないかもしれませんが、提案文を出すところから始めれば、皆さんも第一歩を踏み出せたと言えます。

また、仕事を受けたら、その仕事に全力で取り組みましょう。

仕事を一生懸命やることで、自分のスキルも上がりますし、継続案件に繋がる可能性も高まります。

継続案件とは、同じ依頼主から引き続き仕事を依頼されることです。

継続案件を取れれば実績もスキルもすぐに上がります。

そうすれば月に1万円を超え、3万、5万と実現可能ですよ。

ウェブライターとして単価を上げるための考え方は、ライター情報ブログの『闘魂』で解説されています。
ライターの働き方や報酬の上げ方について発信しているブログなので是非参考にしてください。

>>【Webライターって1文字いくら稼げる?】相場とスキルアップ方法

ライタースクールで案件を貰いながら勉強するのもアリ

ライターとして、今よりもっと実力を付けたいのであれば、スクールに入る選択肢もあります。

  • なかなか仕事が取れない
  • 実力不足を痛感した
  • ライターは続けたい
  • 自己投資する余裕がある

上記に当てはまる人は、ライタースクールに入ってみても良いと思います。

スクールへの参加は賛否両論です。無料でもノウハウは学べますしね。

ただ、今の世の中、無料で知識やノウハウを勉強するのは誰でもできますが、実践できる人はごく一部です。

それは理解したつもりで理解できていないから。

効率良く実力を伸ばせるのは確実にスクールです。基本的なライティング技術から仕事の取り方、なんなら案件を直接いただけます

手取り足取り教えてくれるので確実にレベルアップできます。

プロから添削を受けるのが一番の成長になるんです。本当に。

僕がもし今からブログやライターを始めるなら必ず受けます。今だからこそわかる基礎の重要さ…。

とはいえ、いきなり受講すれ!というのも不安極まりないですよね。

そこでおすすめするのがメイカラというスクール兼コミュニティです。

月額2,000円のコミュニティに加入するだけでもかなり勉強になりますし、案件も貰えます。

初月無料なので、試してみてはいかがでしょう。完全初心者でも手厚くサポートしてくれます。

\いまなら初月無料!2か月目から月2,000円/

いつでも退会できます

ちなみに、僕自身もメイカラに参加しています。以下の記事でメイカラについて詳しく紹介しているので、是非参考にしてください。

まとめ:ライターは始めさえすれば月1万円は目の前

ウェブライターの始め方を解説しました。

ウェブライターは始めるまでの手間が意外にかかる仕事で、ここで挫折してしまう人は多いです。

しかし、始めてしまえば月1万円はすぐに狙えます。

副業に興味がある方は、ライターを検討してみてください。

PCひとつで始められて、文章力も身に付くのでおすすめです。

>>ライターの始め方を1から見返す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次